美味しいワインと奈良の食材を使った美味しい料理が楽しめるバルです●

価格 パスタ980円〜 奈良県産まほろばあか牛グリル100g2,200円〜●

営業時間17:00~23:00 LO22:00(不定休)

場所 小西さくら通りを南下。椿井小学校北側の小道を入ったところ


 

かっこいいなかっこいいなヨーロッパの居酒屋って。

バルで飲めばまるでドラクエの世界だな。

 

バルとバーってどっちも綴りは「Bar」なんですけど、結構イメージ違います。

イタリア語ではバール、スペイン語でバルって発音するんです。

バルは食堂と酒場が一緒になったようなお店の名前で、スペインやイタリアなど南ヨーロッパで多く見られるお店なんです。

 

ルイーダの酒場よろしく、仕事帰りにちょろっと寄って一杯飲んでいくコミュニケーションと憩いの場なんです。

実は奈良町にもかっこいいバルがあるんですよ。

お店はこちら。

奈良町にぴったり。お店の佇まいからすでにかっこいいです

アムリットさん外観

どうです、絵になるじゃないですか。

もちろんこちらはマドリードの通りじゃありません。奈良町です。

右手に見えるは椿井にある「ミアズブレッド」さん。

MIA’S BREAD(ミアズブレッド)☆サンドイッチが最高!人気のパン屋さんが奈良町に!

その横の通りを入っていくと。

 

アムリットさんファザードアムリットさん看板

こちら「奈良町バルAMRIT(アムリット)」さんです。

暗い路地に店頭から溢れる光が素敵。吸い寄せられるように入って行きます。

 

アムリットさん内観1

入った所にある棚にはワインボトルがズラズラっと並んでて圧巻なのね。

写真には入ってないけど、右手にはカウンターがあるんですが、こちらのカウンターではもうすぐハッピーアワーのような立ち飲みバルが始まるそうですよ。※2018年9月に書いてます。

酒肆 華(しゅしはな)☆週末はお昼から美味しいカクテルを楽しめます

今は夕方からの営業だけど、そうなったら色んな時間に立ち寄れますねえ。

この近辺には最近オシャレな飲み屋さんが続々オープンしてるので楽しいんです。

 

おお、店内が賑わってるなあ。この日はお店もほぼ満員状態。

全席女の人ばっかりで女性に人気のお店なんやなあと思いましたが、店長さん曰くこんな日は珍しいんだそうです。

でも女性が来たくなる雰囲気は間違いない。オシャレやもん。

申し訳なさそうにカウンター席に案内して下さいましたが、全然OK。むしろカウンターが良いですよ。

 

アムリットさんカウンター

居心地の良い大きなカウンター席。忙しそうに綺麗な料理が作られていく厨房も見えて楽しいです。

上にぶら下がってるグラスがキラキラ輝いててかっこええんよなあ。

 

アムリットさん内観2

店内にはテーブル席も多くありました。

写真の壁の向こうにもテーブル席がありましたよ。席数は55席もあるんですって。

 

大和野菜や奈良県産の旬の食材を使った料理たちが美味しい!

店内の様子を一通り満喫してから、ウキウキとお酒と食べ物を注文しました。待ち遠しいなあ。

ビールはクラフトビールもいっぱい揃ってたので、まずはビールで乾杯です。

そして早速一品目が来ましたよ!

LBK CRAFT☆日本中、世界のいろんなクラフトビールが手軽に楽しめるバル

 

絶品「スモークサーモンのマリネ」

アムリットさんのスモークサーモン

こちらはスモークサーモンのマリネ580円です。

桜チップでスモークしたサーモンにビネグレットソース。

ビネグレットソースはフランス料理の最も基本的なソースですね。酢とオイルを混ぜ塩、胡椒で調味したものです。

どれどれ。

 

ぐおお、美味え…!

やっぱ桜チップなんですかね?すっごい上品でまさにダンディな味わいです。

とろける舌触りと程よい酸味。いきなり幸せマックスやんねこれ。

一緒に頂くお酒が美味い美味い。

お酒に合う「ハムカツモルタデッラ」

アムリットさんのハムカツ

こちらはハムカツモルタデッラ。480円です。

昔なつかしのハムカツをイタリアのソーセージハムで再現したものだそうです。

モルタデッラはイタリアのボローニャで伝統的に作られきたソーセージです。

程よい塩加減で柔らかい食感のハムで、とても食べやすく美味しいです。

 

ハムカツがイマイチよく知らないんですが、ハムを衣で揚げたものだそうです。そのまんまやな。

北海道日本ハムファイターズのファンの間では、験担ぎの「ハム勝つ」って事で人気があるんですって。

どれも美味!「倭鴨(やまとかも) 堪能の一皿」

アムリットさんの倭鴨

こちらは本日のメインディッシュ。「倭鴨 堪能の一皿」2,000円です。

めっちゃ綺麗。

倭鴨は奈良県御所市の葛城山麓で餌や環境にこだわって育てられた合鴨なんです。

この一皿にもも肉、むね肉、ささみ、レバーと盛り沢山!

 

アムリットさんの倭鴨2

早速レバーから頂きます。肉の質はレバーで一発でわかるとじっちゃんが言ってた。

 

うわあ、これまた美味しいです!

脂身も上品。鴨肉にありがちなクサみも全くなし。非常に芳醇な味わいです。これはオススメですよ。

真ん中の卵は卵黄醤油漬けで、小皿に移してお肉を漬けて頂きます。これがまた美味しいんです。

 

むね肉は柚子胡椒と香味野菜ソースで頂きます。

これまた美味い…幸せ…。

これは絶対ワインに合うって事でワインを注文待ったなし。

赤ワインとコーラーのカクテルワインを頂きました。コーラーの味はほとんどしなくって炭酸が美味しいワインという感じです。

 

他にもベリーソースで頂いたり、パリパリサラダと一緒に頂いたりと色んな味が堪能出来ます。

一切れ一切れ丁寧に味わいながら頂きました。

奈良町豆腐庵こんどう☆絶品豆腐の満喫コース

 

これ以外にはクラシックシーザーサラダ760円なども注文。

写真は撮り忘れたのよね…。

野菜は大和野菜をふんだんに使用されてて、新鮮さが堪りません。

まほろばキッチン☆新鮮な野菜が盛り沢山!大和野菜も食べてみよう

 

もう一丁肉に行こうかという事で、どれにしようかな。

大和牛のロースも捨てがたい…。しかし、ここは仔牛タンの煮込みにするぜ!

タンって薄っぺらいのしか食べた事ないから、ぶ厚いのを食べてみたかったのです。

とろろろの「仔牛タンの煮込み」

アムリットさんの牛タン1

さー、こちらは「仔牛タンの煮込み」ハーフ1,100円です。

とろとろになるまで赤ワインで3時間35分煮込んだものなんですって。

煮込み時間にとてつもないこだわりを感じるな。

 

アムリットさんの牛タン2

ポテトと赤ワインのソースを絡めて頂きます。

 

んん??これってタン?

あれ?めっちゃ柔らかいんやけど…!

 

タンってコリコリした食感だとばっかり思ってたんですが、良い意味で予想外。

ほえー。こんな口の中でほろりと崩れるような柔らかさだったなんて。

これまたワインと合うのなんの。そら赤ワインで煮込んどるしなってツッコミはセルフサービス。

やー、料理も十分に堪能させて頂きました。

 

ヨーロッパのバルのようにコーヒーも楽しめる!

アムリットさんのエスプレッソマシーン

バルでの食後にはデザートにするか、コーヒーにするか。

本来「生きるべきか死ぬべきか」というハムレットの名セリフに並ぶ悩みかと思われますが。

 

わたくしバルの代名詞、エスプレッソというものにとんと縁がなく…。

え?コーヒーとはまた違うん?あのちっちゃいコップでグイッと飲むやつやろ?ぐらいの知識。

一緒に行った方が詳しくて色々魅力を教えてもらって、よっしゃエスプレッソいっとこ!

ブタとエスプレッソと☆オシャレなトンカツ屋さん。こだわりの四元豚が美味しい!

通も唸るエスプレッソ

アムリットさんのエスプレッソ

エスプレッソはイタリア発祥のコーヒーです。

焙煎して細かく挽いたコーヒー豆から、高温高圧で一気に抽出したものです。

だから同量のコーヒー豆から淹れた場合でも量が少なくなるのが特徴です。

 

まずは香りを。どれどれ。

おお、なんて癒やされる香りなんでしょう。濃縮されてる感すごい。カップの中で香りが渦巻いてるのがわかります。ええ、わかりますとも。

では、一口。

 

濃ぉ!めっちゃ濃ぉ!

びっくりしました。こんな味の濃いコーヒーなのか!

これは映画で見るようにクイッといったら勿体無い、じっくり味わえと心のびんぼう神も訴えてきております。

 

エスプレッソおそるべし。なんて贅沢な飲み物なんだ。

じっくりちびちび味わって、残り少なくなったらクイッといったりました。

わかってる人アピールをしたくてクイッといったのではありません。

食後はコーヒーで大正解でした。

アムリットさんのメニューです

アムレットさんのメニュー黒板

他のメニューも紹介しておきます。

おつまみ系は

パテドカンパーニュ(色んなお肉のパテ)630円
本日の鮮魚のカルパッチョ780円
アリゴ(お餅のようなマッシュポテト)630円
ゼッポリーニ(ピザ生地にあおさを練り込んだフライ)380円
大和なでしこ卵のふわふわオムレツ580円
アヒージョ(バルの定番。ズッキーニをガーリックオイルで)860円

メインディッシュには

雄勝銀鮭の超レア炙り1,280円
まほろば赤牛100g 2,200円

200g 3,900円

400g 7,700円

500g 9,600円

パスタは

アラビアータ980円
ゴルゴンゾーラ1,280円

他にもメニューは多くあって、季節によっても変更もあるそうです。

 

店員さんも皆さん笑顔で丁寧な接客をして下さり、とても良い雰囲気のお店でした。

女子会はもちろん、デートにも飲み会にも使えるお店だと思います。

ハッピーアワーも楽しみですね!

 

バナーつい2

でた

↑奈良町(ならまち)のお店の情報をまとめてます

カフェや雑貨屋の営業時間や場所をまとめています


店名 奈良町バルAMRIT(ならまちバルアムリット)

住所 奈良県奈良市椿井町45

番号 0742-20-0090

公式 http://amrit-nara.jp/bal/

 

関連記事

こちらは東向商店街にあるお店です。2階の隠れ家的ステキイタリアンバーです。

 

トップページへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村