フランツカフカ☆ならまちで素敵な古民家ブックカフェ

友達にも教えてね!

ナララクで検索

本がいっぱいの古民家カフェ●

ハーブティーと各種紅茶450円など●

営業時間11:30~21:00(水曜日定休日)

ホテルサンルート奈良から南へ。信号を越えて一つ目の交差点


※2017年8月にて閉店されました。後にはCAFE春さんが入られました!

ハンバーグで人気の「洋食春」さんがオシャレな古民家カフェをオープンされました。グラタンやパスタ、何と言っても焼きカレーが美味しいカフェです。営業時間も長くて便利!

みなさんはフランツ・カフカと聞いて何を思い出すでしょうか?

大半の人は「変身」か「城」ですよね。

僕も両方読みましたが、全く共感出来なくて、「なんじゃこりゃあ!」と心の中のジーパンがワナワナしとりました。

ただ、部屋の本棚にあるとなんとなくお洒落やん…みたいな厨二心は満たしてくれました。

そんなエセお洒落ではない、本物の素敵なお店に行ってきました。

お店はこちら!

こちら「フランツ・カフカ」さんです。

お洒落な古民家カフェです。夜は格子から漏れる灯りが素敵なんですよ。

ウサギちゃんがロゴマークです。かわいい。

毒虫じゃなくてよかった。

店内に入って圧倒されるのが、この大きな本棚。

もちろん手にとって読む事が出来ますよ。

村上春樹の「海辺のカフカ」から新井英樹の「ザ・ワールド・イズ・マイン」まで幅広い蔵書にワクワクが止まりません。

他人の本棚見るのってほんと面白いよねー。

写真集や古典まであるんで、誰でもどれか一冊は刺さるのがあるはず。

大テーブルはまるでヨーロッパ貴族の書斎みたい。

素敵。

こんな部屋、自分の家に欲しい。

老後にはこんな部屋で過ごすんだ、俺(フラグ)。

ほんわかした明かりと、癒し系BGMが心地良いっす。

良いスピーカーの低音が好き。

他に小テーブル席3つとカウンター、ソファー席があります。

僕はソファー席が好きなんで、ゆったり座らせてもらいました。

こちらのお店は営業時間が長いのも嬉しい。奈良町で21時までやってるカフェは貴重ですよね。

メニューおしゃれ。

各種ハーブティーと紅茶が450円。

ハーブティーはレモンジンジャー、スロコートコンフォート、ラズベリーリーフがありまして。

紅茶はラグジュアリーセイロン、ダージリン、アッサム、アールグレイがあります。

僕はセットでオレンジジュース頼みました。

アボカドのオープンサンドが680円です。

アボカド大好きなんで、いっつも頼んでしまいます。クリームとアボカドのまろやかコンビが美味しい。

アイスがズルッと落ちてしまったアップルパイ。

他にもバターチキンのカレー950円や、ふわとろオムライス850円、アサイーボウル680円などバリエーションに富んだメニューが揃っております。

落ち着いた雰囲気のカフェの中で読書するのって、いい時間過ごしてるなと憧れますよー。


店名 フランツカフカ

住所 奈良県奈良市毘沙門町3-1

電話番号 0742-93-3442

でた

↑ならまちのお店の情報をまとめてます