le Case(レ・カーセ)☆キッシュ専門店。春日大社近くにあるかわいいお店です

友達にも教えてね!

ナララクで検索

キッシュ専門店。店内でも食べれますし持ち帰りも出来ます●

価格 キッシュ450円〜●

営業時間10:00~17:00(毎週火曜日、最終月曜日定休日)

場所 奈良公園を抜けて春日原生林入り口手前


キッシュをよく知りませんでした。

自分不器用なもんで。

そんなオサレな食べ物に縁が無いです。

自分不器用なもんで。

口寄せしたガマケンさんも健さんも困惑気味。

キッシュってタルトのケーキと何が違うのかよく知らなかったのね。

だからすげぇ楽しみに行って来ました、キッシュ専門店の「le Case(レ・カーセ)

お店はこちら!

春日大社の綺麗な小路を散歩しながらお店に行こう

奈良公園から春日大社に向かってずんずん進みます。

紅葉が色づき始めた春日大社の入り口の前を通り過ぎ。

坂道がきつくなってきたぜーって頃に、見えてきた!

一番奥に国旗がはためく古民家がありますよ。

素敵。めっちゃ古民家。

結構遠かったから、既に感無量。春日大社までは駅からバスが出ているので、バスも選択肢に入れて良いと思います。

入り口にはメニューボードと和風のベンチがあって、和洋折衷な古民家カフェって感じでいいですよねー。

風が吹くとどんぐりがあられのように降ってきて、屋根に落ちる音がすごかったです。面白かった。

奈良町には古民家を改装したお店がたくさんあります。是非こちらも御覧下さいませ。

IMG_2126

ゴルゴンゾーラや海老とアボカドなど、どのキッシュにしようか迷う!

入ってすぐ右手に色んなキッシュが並んでます。

店内奥からは食事を楽しんでる女の子たちの声が聞こえてきて、なんとも楽しい雰囲気の店内です。

なんと。

キッシュってデザートかと思ってたんですが、「牛すじ肉とにんじん」500円とか「肉じゃがとソーセージのキッシュ」500円とかあるんですね。

下段には「無花果のタルト」450円とか、季節のデザート「洋梨のタルト」450円もあります。

「栗と生キャラメルのタルト」450円がめっちゃ綺麗。

他にも「海老とアボカドとクリームチーズ」600円や4種のチーズを使った濃厚な「クアトロフォルマッジョ」500円、「煮穴子とごぼう」500円などなど、10種類以上のキッシュやタルトがありました。

キッシュとはパイ生地やタルト生地に卵や生クリームをのせてオーブンで焼くフランスの郷土料理だそうです。

語源はドイツ語のKuchen(クーヘン)なんですって。

店内でキッシュのランチも楽しめます

店内には奥に座敷があって、手前の土間部分って言うの?にはテーブル席がありました。

窓から見える景色が最高で、癒されリフレッシュしながら食事できます。

季節によってはどんぐりを食べる鹿を眺めながら食事出来るかも。

スープとかサラダがセットになったキッシュプレート、1600円です。

綺麗に彩られたプレートは見て楽しい食べて嬉しい。幸せね。

キッシュは450円のものを自由に選ぶことが出来ます。

もちろんデザートのキッシュも選べるよ。

「紅い林檎のキッシュ」も450円ですよ。

持ち帰りも出来るのでお土産にもぴったり

持ち帰りも出来るんで、色々選んで買って帰りました。

かわいい箱に入れてもらえました。

キッシュも一個一個丁寧に包装してもらえます。

お店では待ち時間全然無かったから、こんなに丁寧に包装してもらってるって気づかなかった!

飾りっけの無いキッシュを食べておきたいと思って、プレーンを買いました。

これがキッシュなのねと実感。

甘さは抑えめで、レアチーズケーキみたいな味です。キッシュの生地って思ってたより柔らかいんです。

最後がクッキーみたいな生地で、アメリカンドッグの最後のカリカリのようなご褒美感で美味しい!

「ガーリックとたっぷりきのこのキッシュ」450円。

まるでグラタンのような濃厚な味わい。きのこの食感が生地の食感と相まって美味しさ倍増。

開けた瞬間漂うガーリックの香りが食欲をそそります。

お店は遠いですが、わざわざ行く価値のある素晴らしいお店でした。

お取り寄せも出来ますので、行く機会の無い方はそちらも利用してみてくださいね。


店名 キッシュ専門店le・case

住所 奈良県奈良市, 奈良公園, 春日野町158, 奈良公園内

番号 0742-26-8707

関連記事

img_2816

せっかくここまで来たなら春日大社も見ていってね!

でた

↑ならまちのお店の情報をまとめてます