日本市トップ画像

 

全国で有名な老舗の麻織物屋さん⚫︎

花ふきん756円〜⚫︎

営業時間 10:00~19:00

東向商店街と三条通りの交差点付近


 

 

中川社長はビジネスの本やテレビにもよく登場されてるんです

愛してる

日本市を、中川政七商店を愛してる。

 

わたくし中川政七商店さんを愛してるんです。

以前カンブリア宮殿で拝見したんですが、素晴らしい会社だと思いました。リスペクトです。

で、感化されて僕も何か世間の役に立ちたい!と思い、始めたのがこのブログなんです。

 

本も読んで勉強したよ。

中川政七商店の中川淳社長の本を読んだよ

 

お店はこちら!

 

中川政七商店さんは元々蚊帳作りの工房でした

日本市外観日本市外観2

三条通りの店舗の中でも一際目立つので、すぐわかると思います。

中川政七商店さんが経営されてるお店の一つが、「日本市」なんです。奈良には他に粋更(きさら)とか遊 中川 が展開されてます。

遊 中川☆中川政七商店さんのお店本店です

 

店頭のガチャガチャも伝統工芸品フィギュアであったりと楽しい要素満載です。

 

日本市花ふきん売り場

ドーン!と入ってすぐ目に入るのが花ふきん!中川政七商店さんの人気商品です。

奈良の地場産業であった蚊帳生地を使用したふきんです。

中川政七商店さんの生地は、手で紡いだ糸を使用されてるんですよ。

江戸時代から続く伝統の職人技ですね!職人さんに足を向けて寝ちゃダメです。

 

日本市花ふきん日本市花ふきん2

花ふきんはひとつ700円税別です。

色とりどりで、見てるだけで楽しい!ドラえもんとかくまモンともコラボ商品を開発されてるんですね。

売り場にはシンクが用意されていて使い勝手も試せるんです。

お土産に大人気でお一人でガッサーと持ってレジに行かれる方もよく見ます。

配りやすいし、どの家庭でもふきんは使いますもんね。

 

奈良ゆかりの雑貨も充実しています

日本市さんでは他にも色んなお土産が売ってます。

どれも奈良に関連するものや、他の古くからある工場や工房で作られているものです。

ここで探せば奈良土産は問題ないレベル。

 

日本市奈良の名産品

月ヶ瀬ほうじ茶や焙煎大和茶、黒ゴマ飴やべにふうき緑茶。奈良名物が多数揃ってます。

このあたりの商品は年配の方へのお土産にいいかも。

 

日本市アロマグッズ

めちゃいい香りのする牛乳瓶1400円。特にゆずの瓶がすごく良い香りで気に入りました。

アロマは楽しいよねー。

他にもハンドクリームやリップバーム2300円などもあります。

こちらは女の子へのお土産にオススメ。

 

日本市伝統工芸品

高価な飾り物。お雛様が70000円、屏風が16000円です。

他にも何万もする陶器とか伝統工芸の案内も兼ねてると思うんですが、多数ディスプイされてます。

さあ、思いっきって買ってみましょう!奈良の思い出にはインパクトがあり過ぎるぐらい。

 

日本市鹿せんべい

人間用の鹿せんべい。カンブリア宮殿でも紹介されてましたね!

一缶800円です。

鹿せんべいと違って鹿にあげちゃいけないし、こっちは美味しいよ。

 

 

すごくお店も綺麗で、奈良にお越しの際には是非立ち寄って欲しい店の一つです。

麻織物だけじゃなくて、奈良の特産品のアンテナショップの役割も担ってらっしゃいます。楽しい店内だと思いますよ!

中川政七商店さんは、他にも色んなブランド名でお店やってらっしゃるので、他のお店も紹介したいです!

 

追記:中川政七商店さんがまたすごい事をされたらしい

中川政七商店ファンの俺歓喜。

いやあ、相変わらず攻めてる会社です。次々とお客を驚かせる施策や商品開発をされてます。

今回もびっくりのオリジナル商品を販売されたとの情報を得て、さっそく三条通りにあります「日本市」さんに行ってきました。

 

どこにあるのかなーと店内を見回すとレジ前にどどーんとディスプレイされてました。

 

日本市モノポリー売り場

おおー!こちらが中川政七商店オリジナルの「日本工芸版モノポリー」です。

価格は5400円。

 

店員さんを呼んで「これ下さい」と伝えると心なしか店員さんもテンションアップ。

おぉ!売れた!みたいな歓喜が伝わってきました。

 

包装して貰いながら

「モノポリー、お好きなんですか?」

「いえ!遊んだことなくって。オリジナル発売されたと聞いて買いに来たんです!」

「ありがとうございます!私もモノポリーあんまり詳しくないんですよー笑」

というハイテンションな会話もして下さり楽しかったです!

 

中川政七商店モノポリーパッケージ

こんな立派な紙袋に入れて下さいました。

お店の袋に「三百周年」と書いてあっても、凄過ぎていまいち把握しきれないです。

改めて長い会社の歴史を感じます。

 

中川政七商店版モノポリーをやってみた

中川政七商店モノポリー

こちらがパッケージ。ジパング、日本工芸版と控えめにアピール。

 

モノポリーとはなんぞやと申しますと。

サイコロを振ってすごろくのように盤上をグルグル周回するのですが、盤上の物件を他のプレイヤーと取引しながら資産を増やすのです。

で、他のプレイヤーから料金を徴収して、破産させたら価値という、まさに社会の厳しさの縮図的ゲームなのです。

 

中川政七商店モノポリー中身

蓋を開けてみますと、中身は想像以上にシンプルでした。モノポリーってこんな感じなのね。

盤とサイコロ、駒とカード。ゲームに必要なのはこんだけなのです。

 

中川政七商店モノポリー

黒い板がフィールドとなる盤ね。折り畳めてコンパクトに収納されとるのです。

 

中川政七商店モノポリー

広げるとこんな感じ。ここをグルグル廻って遊ぶのね。

和風テイストも入ってて、なかなか素敵なデザインであります。

 

IMG_1059

マス目は全国の日本工芸達になってます。

伝統工芸を勉強しながら遊べるという、これぞまさに知育玩具!

プレイヤーは工房や百貨店を建てて、各地の工芸を元気にしていくのです。中川イズムを継承するのだ。

 

IMG_1060

雉子車とか注染なんて初めて聞いたよ。

渋いチョイスなのか、僕が無知なのか。そこはそっとしておいて欲しい。

 

IMG_1062

駒は中川政七商店発の郷土玩具「鹿コロコロ」をモチーフにしたものです。

可愛いよね!

茶色いのはオルガンではなく工房です。

 

IMG_1063

店頭にある郷土玩具ガチャガチャのフィギュアを駒にして遊ぶ事も出来るのです。

抜け目がありませんな。

こっちの方が個性があっていいかも。

 

IMG_1066

右のケースに陳列されているのがそのガチャガチャフィギュアね。

「日本全国まめ郷土玩具蒐集(しゅうしゅう)」という名前です。

がんばって集めちゃおう。

 

いかかでしょうか?

とても面白そうなゲームでしょ?

是非ご家族で遊んでみてくださいませ。

こんな物も購入しました!

 

 


店名 日本市奈良三条店

住所 奈良県奈良市角振新屋町1-1 ファインフラッツ奈良町三条 1F

電話番号 0742-23-5650

公式 中川政七商店さんのホームページ

 

バナーつい2

でた

↑奈良町(ならまち)のお店の情報をまとめてます

カフェや雑貨屋の営業時間や場所をまとめています


 

関連記事

IMG_9511

こちらは古民家をリノベーションされて作られたお洒落なお店です。こちらも行ってみてね

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村