【まとめ】奈良町周辺の年間行事・イベントスケジュール

友達にも教えてね!

ナララクで検索

IMG_0188

奈良町や奈良公園周辺では年中色んなイベントが開催されております。観光やデートのスケジュールを組んでみよう●


奈良は古都だけあって昔から続く伝統行事がめちゃめちゃ充実してますし、奈良町を中心に新しいイベントも続々開催されております。

ドヤ顔で紹介しておりますが、僕自身も接客業なので中々参加出来ないのが悲しい。イベントの時はめっちゃ忙しくなるもんねえ。

奈良で働く皆さん、頑張りましょう!

さー、1月から順番に見ていきましょう!

1月

若草山焼き

第四土曜日に開催されます。18時頃から花火がドドンと上がって、そこから若草山がゴウゴウと燃えるのです。

平城京跡や猿沢池周辺が見やすかったかな。

奈良県庁屋上も抽選で開放されますよ。

IMG_9889

鹿寄せ

夏と冬に行われる鹿寄せのイベント。詳しい日程はこちらでチェック!

奈良の鹿愛護会のホームページ

ホルンを吹くとどこからともなくやってくる鹿達。遠くから走ってくる群れの姿には興奮しました。

動画も撮ってるんでこちらも見てね。

IMG_2129

2月

節分万燈籠

春日大社の境内が3000以上もの灯籠で照らされる。綺麗だねえ。

節分の日に催されます。

節分の万燈籠は一日だけなんで、タイミングが合えば是非とも行きたい!

春日大社には面白い博物館もあるのでこちらも一緒に。

img_2821

追儺会(ついなえ)

同じく節分の日に興福寺東金堂では18時半より鬼追いの儀式と豆まきが行われます。

たいまつを持った鬼がうおおって現れて鐘の音と共に走り回るのです。

節分万燈籠とハシゴで満喫しよう。

なら瑠璃絵

IMG_0192

春日野国際フォーラムを中心に春日大社、東大寺、興福寺もライトアップされます。

年々パワーアップしてるので毎年見に行ってもいいよ。

8日から14日まで開催されます。バレンタインはなら瑠璃絵で恋人と過ごしましょう!

3月

修二会(お水取り)

IMG_8118

お水取りは東大寺二月堂にて行われる行事で、奈良時代から752年ずっと欠かさず行われてきたのです。歴史を重みを感じるなあ。

お水取りの中でも一番有名なのが「おたいまつ」と呼ばれる場面です。皆さんも一回はニュースなどで見たのではないです?

奈良町の「美酒楽菜しゃらく」さんは修二会の間、東大寺にて食事を作ってらっしゃるので、精進料理が頂ける居酒屋さんなのです。

IMG_8109

若草山開山

3月第3土曜日~12月第2日曜日の期間、若草山が開山されます。

若草山から春日山への登山は市街地から近いのに原生林が満喫出来るというお得感。

秋も紅葉が素晴らしくて楽しめます。

登ってきたレポートはこちらにて。

梅の開花

奈良公園の片岡梅林が見頃なのは3月初旬頃です。

春の日差しの中、鹿ものんびりしててゆったりした雰囲気でした。

浮見堂の近くなんで、ボートに乗って梅をのんびり眺めてという、爽やかすぎなデートにどうぞ!

IMG_0341

4月

仏生会

4月8日は何の日でしょう?

タイヤの日と答えた貴方。間違いでは無いがマニアック過ぎます。

そう、お釈迦様の誕生日なのです。なので奈良のお寺各地ではお祝いの「仏生会(ぶっしょうえ)」が行われるのです。

IMG_1192

興福寺の仏生会に行ってきました。

朝に花会式が行われ、甘茶が振る舞われるのです。

桜の開花

IMG_7537

奈良公園周辺の桜も満開になります。

大体毎年4月の頭ぐらいが見頃ですね。

美味しいもの食べてお花見も楽しんで欲しいのですが、奈良公園周辺にはゴミ箱が無いので持ち帰るようにお願いします!

5月

献氷祭

5月1日に氷室神社にて行われます。

710年に氷の貯蔵庫を設けて神様を祀った事に由来する伝統行事です。氷室神社には綺麗な花氷や氷柱が献納されます。

氷室神社についてはこちらも見てね

それにちなんで奈良町周辺ではかき氷が盛んで人気なのです。是非堪能して下さいませ!

IMG_2088

聖武天皇祭

東大寺では5月2日に聖武天皇祭、3日に山稜祭が行われます。

奈良の大仏は聖武天皇や行基などの尽力で建立されまして、聖武天皇の法要として行われます。

日頃は公開されていない天皇殿が参拝出来たり、音楽を奏でながらの総勢300名による練り行列も行われます。

萬葉雅楽会

5月5日のこどもの日に、春日大社萬葉植物園の舞台にて管絃、舞楽が演奏されます。

池の上の舞台にてフォワーンと鳴り響く雅楽と共に舞が披露されるのです。

わいも影響されて龍笛を買ってみたりしましたよ。…音でかいから吹く練習も出来ないんです。

献茶祭

春日大社にて5月10日に行われます。

表千家・裏千家・武者小路千家の各家元が毎年交代して献茶するのです。こりゃあ各一門とも気合い入るでしょうねえ。

祭典後には拝服席も設けられます。

しかし春日大社は色んな行事を年中されてるんですねえ。

お茶と言えば是非大和茶も味わって頂きたいです。

奈良は地味にお茶の産地として頑張っているのですよ。

うちわまき

5月19日、唐招提寺ではうちわまきが執り行われます。

法要の後、午後3時よりハート型のうちわが鼓楼より撒かれるのです。現在では朝から整理券が配られてるんで、それに合わせて行って下さいね。

6月

子鹿公開

奈良公園にて1ヶ月間、鹿の子どもたちが公開されます。

午前11時から午後2時までの時間です。

7月には興福寺などでも子鹿が見れますよ。

ムジークフェストなら

奈良市内が音楽に包まれる!

春日大社や東大寺、なら100年会館などの大きな会場はもちろん、奈良駅前の広場やカフェなどでも音楽を楽しむイベントなのです。

毎年6月の2週間程の期間、いろんな催し物があるんですが、その中でもゲーマーの僕の心を揺さぶってならないのが、こちら。

IMG_1580

なんとなんと2016年はすぎやまこういち大先生、2017年は植松伸夫大先生が来られたのです…わなわな。

大御所連発の恐ろしく豪華なイベントなのです。次回はいったいどなたが来られるのでしょう?

にゃらまち猫祭り

にゃらまち祭り2017

毎年6月の一ヶ月間、奈良町を中心にして行われる「にゃらまち猫祭り」も2017年で13回目となりまして、参加店舗も44店舗だそうです。

各店その期間だけの特別メニューも用意されてます。一日掛けても見きれないと思うよ。

7月

ライトアッププロムナード

7月15日から9月24日までの期間、奈良のお寺達が夜間ライトアップされます。

つっても寺社仏閣なんでイルミネーションみたいなもんではなく、しっとりと落ち着いた雰囲気になるのです。

きたまちウィーク

きたまちエリアのお店や地域が合同で行う町イベントです。きたまちが7日から13日までの1週間大いに盛り上がります!

各お店が期間限定の商品を用意するのはモチロン、屋台あり、ツアーあり、イベントありと楽しすぎる。

きたまちのエリアについてはこちらにて!

8月

なら燈花会

イベント盛り沢山の8月の中でも観光客がドッとやってくるのが「なら燈花会」です。

各地でロウソクが並んで街中が素敵に厳かに彩られます。デートにも家族でお出掛けにもぴったり。

2017年も8月5日から14日の間開催されます。

もちろん夜店も出てお祭り気分も盛り上がりますよ。

大仏様お身拭い

毎年8月7日は奈良の大仏様の「お身払い」こと大掃除が行われます。

バケツに20杯以上のホコリが取れるんですって。

朝7時と早い時間より始まりますので遅れない様にお気を付けて。

中元万燈籠

春日大社の万燈籠は8月にもあるのです。14,15日の二日間行われます。

これらの灯籠はなんと800年前より貴族や武士など色んな人からの寄贈で増えていったのです。

大仏殿万燈供養会

15日のお盆には東大寺でも万燈供養が行われます。19時に開門され、その日は大仏さまの顔の前にある窓、観相窓が開かれるのです。

IMG_0199

これはなら瑠璃絵の時の写真なんで遠くからしか見れなかったけど、こんな感じでお顔が見えるのです。

大文字送り火

こちらも15日。奈良の大文字送り火は戦没者慰霊と世界平和を祈って行われます。 午後6時50分より飛火野でおこなわれる慰霊祭は、神式と仏式の両方が続けて行なわれるという珍しいものです。

奈良の大文字焼きは全国でも最大級の大きさなんだそう。だから市内の色んな場所で見ることが出来ます。

若草山近辺もいい感じです。

昼間は三日月宗近の実家に買い物をしに行くのもオススメです!

img_2379

バラサ祭り

ストリートダンスを中心としたお祭りで、グループみんなで衣装を合わせてパレードもするのです。2017年は26、27日の土日に行われます。

初めて見た時は「何事がはじまるのじゃ?」と驚きましたが、僕の中のダンスソウルにも火が付きました。参加はしてないけど。

みなさんも参加してみては如何でしょう。

ならまち遊歩

2017年夏、ならまちで新たなイベントが始動します!

8月16日から25日の18:30から21:00までの期間、ならまちが提灯によって彩られます。事前に点灯してみた様子を拝見したのですが、すっごく綺麗でした。

また、「ならまち楽座手形」を500円で購入すると、125の参加店舗でお店独自のサービスも受ける事が出来ます。

他にもイベント盛り沢山で、こりゃあ楽しみなイベントになりますね!

詳しくはこちらにて!

9月

采女祭

15日の中秋の名月には猿沢池に舟が浮かべられて灯籠の中を漂って、最後は扇を池に投じるなんとも雅なお祭りです。

昼間は天平衣装に身を包んだパレードも行われます。ミス奈良の皆さんが御綺麗で…!

10月

鹿の角切り

春日大社で行われる鹿の角切り。7〜9日の三日間行われます。

昔からある伝統行事で、角が伸びた鹿は危ないので投げ縄のようなもので捕まえて角をバッサリ切り落とすのです。

一見闘牛場のような場所で行われて、観覧は入れ替え制になります。

野外でまだまだ暑いので体調管理にはお気を付けて。

大仏様の秋の祭り

15日には東大寺鏡池に特設ステージが設けられ、能と狂言が催されます。

鏡池プラス能と狂言イコール幻想的で厳格な雰囲気でサイコーです。

正倉院展

特別展では一日の入場者数が世界一になるという奈良の中でもトップイベント。

毎年沢山の方が来場します。10月22日から11月7日までの17日間開催されて、2週間で12万人程訪れます。

凄いのが毎年開催されてても同じものが展示されないって事ですよね。

正倉院展の開催される奈良国立博物館の横には「なら仏像館」もございます。

img_2413

こちらもオススメなので是非お立ち寄り下さいね。

11月

文化の日 萬葉雅楽会

11月3日文化の日にも春日大社の萬葉植物園にて雅楽会が行われます。

こちらは紅葉の舞い散る中での雅楽会で、これまたいい雰囲気なんですよねえ。

12月

春日若宮おん祭

毎年12月17日をメインに数日に渡って催される、870年以上続くお祭りなのです。

15日の大宿所祭から始まり、宵宮祭や遷幸の儀を経て17日正午から行われるお渡り式、深夜まで続く御旅所祭まで、非常に内容盛り沢山のお祭りです。

img_2821

これがおん祭りのシンボルである鼉太鼓(だだいこ)です。

除夜の鐘

さて、一年間のイベントを紹介してきたこの投稿も年越しイベントで最後です。

年越しと言えば除夜の鐘。

東大寺でも興福寺でも薬師寺でも新薬師寺でも西大寺でも除夜の鐘はもちろん大盛況です。

西大寺や新薬師寺についてはこちらにて。

IMG_0808

IMG_1761

さー、これを見たみなさん。直近のイベントを調べて奈良にお出掛けしましょう!

バナーつい2

でた

↑奈良町(ならまち)のお店の情報をまとめてます

カフェや雑貨屋の営業時間や場所をまとめています


関連記事

イベントに出掛けたらご飯もどうしようか気になる所。こちらをチェック!

トップページへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村